【ネットゲーム依存症】業界団体が反対声明「ゲームに中毒作用はない」WHOに異議・・・任天堂やスクエニも加盟

1 : ばーど ★ : 2018/01/06(土) 14:02:43.36 ID:CAP_USER9 米国や日本のゲーム機メーカーやソフト会社で作る業界団体「エンターテインメント・ソフトウェア協会」(ESA、本部・米ワシントン)は4日、世界保健機関(WHO)がネットゲームへの過度な依存を病気と指定することに対し、「ビデオゲームに中毒作用はないと客観的に証明されている」として反対する声明を出した。  ESAは「世界中で20億人以上がゲームを楽しんでいる」と主張。そうしたユーザーを病気とみなせば、「うつ病などの本来の精神疾患がささいなものと位置づけられ ...